メルマガ配信者が遵守すべき法律“特定電子メール法”について

メルマガ配信を実際にする際には、“特定電子メール法”を遵守しないといけません。

メールはもともと私的なやり取りに使われる機会が多いため、メール送るのに法律が絡んでくることを知らない方もいます。

現に、メルマガ運営者でもメルマガが法律の規制対象になっていることを知らずに配信を続けている方もたまにいらっしゃいますが、これは非常に危険です。

“特定電子メール法”が適用されるのは「ビジネス」でのメールです。つまりあなたが何らかの形で営利を目的のメール(メルマガ)を運営したいのであれば、この法律による規制から逃れることはできません。

ただ、“特定電子メール法”を遵守というと難しそうですが、基本的には常識的な範囲のことを守っていれば問題ありません。きちんと法律を理解したうえで、メルマガを運営してみてくださいね。

 

営利目的=広告宣伝メールは“特定電子メール法(特電法)”の対象

特定電子メール法(特電法)について

“特定電子メール法”は、正式名称を“特定電子メールの送信の適正化等に関する法律”(以下、特定電子メール法または特電法と略します)といいます。

これは自分や他人が行う営業について広告宣伝を行う目的で送られる電子メールのことを特定電子メールと規定して、それが正しく利用されるようにルール化したものです。

“特定電子メール法”はいわゆるメルマガシステムを使って配信するものだけが対象になるだけでなく、実際には営利につなげる“営業メール”全てが規制の対象です。

要は、“特定電子メール法”は希望していない人に営利目的のメールを送信し、相手に迷惑・損害を与えることを防止するための法律、と捉えてもらえれば問題ありません。

どのようなケースが法律違反になるのか、いくつか事例を上げながら説明していきます。

 

特定電子メール法“違反”になるメール3つ

3つの特定電子メール法違反

ここで、特電法違反になるケースを3つご紹介します。

紹介する違反事例は、直接あなたが法律遵守するために守るべき内容になりますので、覚えておくと役立つはずです。そして法律違反すると、違法行為として法的処罰の対象になる可能性もあります。

 

違反1.“受信の同意がない”相手にメールを送る

ユーザーのリストを誰かから購入し、相手に無断でメールを送りつけるのはNG=法律違反ということです。

カンタンに言うと、相手がメールの受信を希望する旨を表示していない限り、営利目的のメールを送ってはいけない、ということです。

ではどうすれば違反にならないかというと、メールの受信を承諾する「オプトイン」を取ることが大切です。

例えば、

  • 〇〇の情報を配信することを明記したメルマガ登録フォームから読者登録してもらう
  • 無料プレゼントを受け取るかわりに〇〇の情報を配信するメルマガを送ります、と明記しておく
  • ECサイトで商品購入するページにオトクな情報・フォローの情報を送るメルマガを送る旨を書いておく

といった方法で回避できます。

「オプトイン方式」で同意を取る義務は、2008年12月の法律改正で施行されました。

 

違反2.“配信停止”の希望を出した人にメールを送信する

メルマガの配信停止(メルマガ配信解除)の希望を出した方に、メールを送り続けることは法律違反となりNGです。

要はオプトイン方式でメルマガ購読の承諾をもらった人であっても、もう情報が不要だからいらない=配信解除の表明が合った場合は速やかに配信を止める義務があるということです。

つまりメルマガ配信をする場合は、メルマガ受信者がわかりやすい位置に“メルマガ解除方法”を明記して、「受け取りに同意したが不要になったので、以降は拒否する」ということができなくてはなりません。

メルマガなどの最後によく書かれている配信停止手続きの案内がこれにあたります。

具体的に例を上げると、

  • フッターにクリックでメルマガ解除できるURLを設置
  • メルマガ解除の申請フォームのURLを設置
  • その他メルマガ解除の方法を明記

するなどが必要ということになります。

この対策ができていない・または対応が不十分であると、配信停止したのに送られてくるメールはスパム(迷惑メール)と判断されて、迷惑行為のクレーム対象になるでしょう。

当局への通報もありえます。

ですから、メルマガなどで営業メールを配信する場合には配信停止の手順を分かりやすく表示しておかないといけません。

 

ケース3.架空の電子メールアドレスからのなりすまし送信

メルマガや広告宣伝メールを配信する場合に、最もやってはいけない行為は発信元に架空のメールアドレスを書いて送信することです。

これは特定電子メール法(特電法)違反の中でも最も重い罰則が課せられる可能性があります。なりすましメールや送信者不明メールのような迷惑行為も、同じように重く処罰されます。

スパムによくある手法ですが、送信者情報を伏せるだけでなく、メールヘッダー情報のリターンパスなどを書き換える行為もやってはいけません。

普通にメルマガ配信をするのであれば、この事例に該当するケースはほとんどありません。

ただスパム作成によく用いられるメールソフトにはそうした情報を簡単に書き換えられるような機能が搭載されていることがあります。

知らずにこういったツールを使用してしまうと無意識に違反行為を行っていることになりますので、メルマガなどを配信するメールソフトも他のユーザーがよく使っているものを厳選して選ぶ必要があります。

メルマガ配信などを行う場合には安全第一でツールを選びましょう。

なお、基本的には名の通ったメルマガ配信サービスやメールソフトの場合はスパム的な機能はついていません。

 

以上が法律違反になるケース3つです。

では、次からは具体的にメルマガ配信を始める前に準備する必要があるものについて紹介していきます。

 

メルマガ配信者が“法律遵守”のために準備すべき3つのモノ

法律遵守のための準備

続いて、特電法に則ったメルマガ運営をするために、準備しておくべきことを挙げておきます。

後回しにすると、つい忘れそうになるものもありますので、最初のうちに準備しておくのがベストです。

 

1.メルマガ配信者の連絡先

メルマガ配信において一番大切なのは「このメルマガはどんなメルマガで、誰が配信しているのか」ということをしっかり表示することです。

そのためメルマガ配信時にメルマガ運営者の情報をメール内に明示する必要があります。

具体的には以下の3つの情報を表示します。

  • メルマガの内容がわかる名称
  • 本名(または運営企業)
  • 住所

こちらの内容はメール内のフッターなどに記載することがベストですが、それが難しい場合は上記の情報が明示されたページへのURL明記でも代用できます。

またメルマガのサービス名、正式な連絡先(住所)はもちろんですが、メルマガ配信担当者の氏名と連絡のつくメールアドレスが書いてある必要もあります。

こういった内容はメルマガへの安心感・信頼感にも繋がりますので、法律遵守だけでなく反応率UPもきたいできるはずです。

 

2.オプトイン(メルマガ送信の承諾を得る)を準備

オプトインとは、このメルマガを読みますという承諾を得ることで、メルマガ運営者は「誰から(メールアドレス)」「いつ(日時)」「どの場所で(登録先)」得たのかを記録する義務があります。

通常のメーラーを使ってメルマガ配信している場合は難しいと感じるかもしれませんが、メール配信システム・サービスを利用している場合は、配信サービス側に自動でこういった情報が保管されますのであまり意識しなくても問題ありません。

オプトインの取得は具体的には以下のようなものを準備することでクリアできます。

  • メルマガ登録フォーム(配信内容を明記する)
  • メルマガ受信/拒否の選択ができるチェックボックス
  • メルマガ配信の旨を明記したプレゼント申請フォーム

よくあるのは通販サイトでは自動的にメルマガ購読に同意するボックスにチェックが入った状態で購入=オプトインとみなされてメールが届くケースがあります。この方法もオプトインとしては可です。

ただ、ユーザーとしてはあまり意識せずにオプトインをしているため、迷惑メールのように捉えられるケースも多いですよね。

ですので、個人・中小企業が自分の商品・サービスのファンを増やしたいのであれば、読者との信頼性が薄いため方法を練り直したほうが良いでしょう。

たとえばイラストなどでひと目で分かるようにメルマガの内容を紹介し、相手がきちんと同意した状態で「オプトイン」を取れるようにするほうが反応率も上がります。

 

3.オプトアウト設定(配信解除できるようにする)

オプトアウト設定とは、いわゆる「メルマガ配信解除」の方法を準備しておくことです。

オプトアウト設定はメルマガのわかりやすい場所に、解除方法を書いておくだけでOKです。

  • クリックするだけでメルマガを解除できるURLを置く
  • メールに配信解除の旨を返信してもらうように案内する
  • 会員サイトにログインして配信解除の手続きをしてもらう

などの方法で「オプトアウト」=配信解除設定はできます。

ただ、配信解除の方法はできるだけカンタンにしておくことが望ましいです。

確かに配信停止メールを送ってもらうことでメルマガを停止する方法でも法律的には問題ありませんが、配信停止忘れやミスを防ぐ点では作業が複雑なためクレームが起きやすくなります。

ですから例えば、メルマガのフッターのわかりやすい場所に配信停止機能を設定したURLを書いておき、そこを受信者に自分でクリックしてもらうだけで配信解除設定できるようにします。

こうした方法を取ることで確実に手続きでき、かつメルマガ運営側の作業も不要になるのでいい事づくしです。

 

オプトアウト作業をカンタンに行うためには、その機能を搭載したメール配信スタンドを利用するしかありません。(通常のメーラーで手動配信している場合はまずできません)

多くのメール配信スタンドでは、オプトアウト用URLが自動生成されますのであなたはメルマガの中に「配信解除URL」として記載するだけなので、非常に便利です。

 

特定電子メール法に違反した際の罰則

特定電子メール法違反の罰則

特定電子メール法は法律ですので違反した場合には罰則が制定されています。

特定電子メール法の法律内容や罰則については以下のサイトが参考にになります。

特定電子メール法の概要|迷惑メール相談センター
https://www.dekyo.or.jp/soudan/contents/taisaku/1-2.html

罰則について抜粋して紹介します。

 

メールアドレスなどの送信者情報を偽った配信をした場合

メールアドレスなどの送信者情報を偽った配信をした場合、一年以下の懲役または百万円以下の罰金が課される可能性があります。

 

オプトイン情報の保管義務違反

オプトインの同意情報(誰が・いつ・どのような場所で同意したか)の記録はきちんと保管しておかなくてはいけませんが、これができていないと個人には百万円以下の罰金が課されます。法人には三千万円以下の罰金が課されます。

 

メール送信方法に問題がある場合

さらに、電子メールの送信方法に問題があるとして是正の命令が行われた場合、これに応じないと一年以下の懲役または百万円以下の罰金が課される可能性があるのです。

 

その他の違反行為については、まず監督官庁から是正命令や検査が行われます。その際、検査を受けなかったり、虚偽の報告をしたりすると罰金や懲役などの罰則が課される可能性が出てきます。

ただ、逆を言えばきちんと法的ルールを守っていれば特に心配することではない、ということですね。

 

特定電子メール法遵守のために準備すること

メルマガ配信に“特定電子メール法”という法律が絡んでくると聞くと、突然難しく感じてしまうかもしれませんが、基本的には難しくありません。

必要なものをおさらいしておくと、

  • メルマガ情報(メルマガ名・運営者本名・住所)
  • オプトイン情報の保管(いつ・どこで・だれから同意を得たのか)
  • オプトアウトできる仕組み(配信解除を送れず確実に行う仕組み)
そして住所以外は、メール配信サービスを利用するだけでカンタンに(ほぼ自動で)クリアできます。
もしメルマガを始めるのであれば、メルマガ配信サービスを利用してみてください。
もしメルマガに割ける予算が少ない・まだ読者が少ないということであれば「オレンジメール 」が良いかもしれません。
プランによって初期費用・無料期間もついていますので、とりあえずはじめてみたいという場合は試しやすいと思いますよ。
メルマガ配信者が遵守する法律について
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

個人事業主・低コストでメルマガやるなら

メルマガ配信スタンドを低コストで運営したいけど、費用を抑えると機能が少ないないし・・・

と頭を悩ませていたら一度このサービスを使ってみてください。この価格で開封率やクリック分岐まで出来るサービスはありません。


CTR IMG