【DRMの仕組みと流れ】効率のいいメールでの販売戦略とは?

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)でメールを使った効率のいい販売戦略とはどのようなものなのでしょうか。

顧客に必要な情報を提供して信頼関係を築き、求めている商品やサービスを購入してもらうためには関係構築が重要となってきます。

メール機能を使い多くの顧客と信頼関係を築く方法とはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

DRMの仕組みと流れ

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)は顧客から反応があったときに稼働するマーケティングの方法です。

そのマーケティング手法は3つの段階にプロセスを分けることができます。

3つの段階のプロセスとは「リスト集め」「リストへの教育」「リストへ販売」で、この流れでDRMは進んでいきます。

リスト集め

リスト集めとは見込み客のリストを集めることです。

主にメールアドレスを集めることをWEB上のDRMでは言いますがこのリストの収集が重要です。

無料のレポートや動画の口座を手に入れる代わりにメールアドレスを登録してもらうなどの方法があります。

あることに関心のあるメールアドレスを見込み客として集めることが確度の高いマーケティングの実現につながっていきます。

リストへの教育

見込み客として集めたメールアドレスのリストですがそちらに有益な情報を配信し信頼を勝ち取っていきます。

メールの受け手が読みたいと思うような情報を送り顧客と信頼関係を築いていきます。

このような情報の配信はネットを使い簡単にしかも非常に安価にできるようになりました。

情報を複数回受け取ってくれる見込み客はその情報に対して共感していると思われます。

共感している可能性が高い場合は見込み客との良い信頼関係が築かれているといってもいいでしょう。

リストへ販売

リストとして存在している見込み客ですがメールを何回も読んでくれているということはかなりの信頼関係がすでに出来上がっています。

このような状態でメールの読者が必要なものをタイミングよく提案することにより販売がよりスムースにできます。

さらに強い信頼関係があれば一度だけの関係ではなく何回でも繰り返し購入などをしてくれるリピーターとなってくれる可能性もあります。

効率のいいメールでの販売戦略

WEBを使ったDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)はどのようにすれば効率が良くなるのでしょうか。

もともとWEB上でのDRMは効率のいいマーケティング手法で、WEB集客に関心をもともと持っている見込み客を集めることがより簡単になっています。

さらに顧客リストに対して有益な情報を提供しメールの読者の抱えている問題点の解決の糸口を与えます。

直接的に問題を解決する方法やそのヒントなど役に立つ情報を提示します。

どのような解決方法を取ればどのような未来があるのかなどのベネフィットが想像できるようにメールで情報を提供します。

情報提供で読者との信頼関係を築くには一度だけの配信では難しいものがあります。

複数回にわたり役に立つ情報や信頼できる情報を配信し共感を得て関係性を構築していきます。

その中で効率化ができる販売戦略としてメルマガのステップメール機能があります。

あらかじめ複数回のメールを準備しておき配信を自動で行います。

適切なタイミングで自動的にメールが配信され顧客に対しては効率よく情報提供ができます。

販売者の負担を増やさないままメールの配信が自動でできるという点でステップメールは優れた販売戦略の一環ということができるでしょう。

ステップメールに関しては下記の記事が参考になりますのでご覧ください。
ステップメールとは?通常メール(メルマガ)との違いと導入例

メールを使ったDRMの特徴

メールを使ったDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)の特徴とはどのようなものがあるのでしょうか。

グーグルに依存しないマーケティングができる

DRMはメールを使用し直接見込み客に対して情報提供できることが強みです。

そのため一旦見込み客としてリスト取りができればグーグルなどの検索システムに依存しないでマーケティングができます

プラットフォームに依存したマーケティングではアルゴリズムの変化などがあり不安定なものとなりがちです。

直接見込み客のリストにメールでビジネスができることはDRMの強みと言えるでしょう。

リピート率が高い

リストの顧客に教育の情報提供の段階で信頼関係ができていきます。

次第に親近感がわき顧客がファン化することも出てきます。

一度ファン化するとリピーターとなってくれる可能性も高く継続的な購入につながっていきます。

DRMにおいてはリピート率が高くなることによりビジネスの安定性が増すという特徴があります。

DRMのビジネス

DRMは現在でも十分通用するマーケティングのビジネスです。

そして今後も顧客へのダイレクトな情報提供の手段としては有効なものと考えられています。

DRMの考え方を知っておくことはWEBマーケティングを行う上で必須の知識と言えるでしょう。

【メルマガ2.0】ファンを作りセールスを成功させる

必要な信頼残高を貯めるメルマガライティングの方法

必要な信頼残高を貯める

メルマガライティングの方法

ファンが作られるメカニズム

セールスに欠かせない信頼残高という概念

信頼残高を貯める書き方

メールでセールスを成功させるコツ

メルマガライティングの基礎中の基礎を27ページに渡って解説しているものです。ぜひ貴社のメールマーケティングにもご活用ください。