LINEメルマガ(LINE公式アカウント)の開封率と到達率が高い理由とは?

LINEでもメルマガのように企業からお知らせを送れる機能があり、それが「LINE公式アカウント」です。

LINE公式アカウントは、メルマガよりも開封率が高いと言われています。

到達率が高いうえに、プッシュ通知で確実に気づいてもらえることが、LINE公式アカウントの開封率が高い理由です。

この記事では、開封率をさらに上げるための工夫も紹介します。

ぜひ最後までお読みください。

LINE公式アカウントがメルマガより開封率が高い理由

LINE公式アカウントの方がメルマガよりも開封率が高い傾向があります。

開封率の具体的な数字は調査によって違いますが、この傾向は間違いないようです。

一例としては、LINE公式アカウントの開封率が60%なのに対して、メルマガの開封率は10~30%というデータがあります。
(参照:https://linestep.jp/lp/01/comparison.html)

なぜLINE公式アカウント方が開封率が高いのか、理由を2つ紹介します。

到達率が高い

メッセージやメールを送ってもユーザーに到達しなければ、開封してもらうことはできません。

そのため、到達率は非常に重要です。

LINE公式アカウントは、到達率が非常に高いのが特長です。

相手にブロックされていない限り、送ったメーセージはほぼ確実に相手に届きます。

一方で、メルマガは到達率が低くなりがちです。

まずメールサービスの提供会社により、メールがブロックされてしまうことがあります。

そこを通過したとしても、メールが迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうと、やはりユーザーまで到達しません。

到達率が低いことが、メルマガの開封率も低くなる原因となっています。

プッシュ通知で確実に気づいてもらえる

スマートフォンのプッシュ通知を利用できる点が、LINEの大きな特長です。

メッセージが届くと、スマートフォンに通知が表示されるため、ユーザーは通知をタップするだけでメッセージを確認できます。

プッシュ通知によってユーザーはメッセージが届いたことに確実に気づけて、しかも開封の手間がかかりません。

このことが、LINE公式アカウントの開封率が高い大きな理由となっています。

一方で、メルマガはプッシュ通知が利用できないため、ユーザーにメールが届いたことを気づいてもらいにくいです。

メールボックスに放置されると、情報の鮮度が落ちて、ますますメールは開封されにくくなります。

届いたことに気づいてもらいにくいので、メルマガの開封率は低くなってしまいがちのです。

LINE公式アカウントの開封率を上げる工夫

LINE公式アカウントの開封率は、メルマガと比べれば高い傾向があります。

とはいえ、適当にメッセージを送っているだけでは、開封率は徐々に下がってしまうでしょう。

そこで、LINE公式アカウントの開封率を上げる工夫を3つ紹介します。

興味・関心に合った情報を届ける

メッセージの開封率を上げるためには、ユーザーの興味・関心に合った情報を届けましょう。

「こんな情報が知りたかった!」と思われるメッセージを毎回送っていれば、次に送るメッセージも開封してもらいやすいからです。

たとえばアパレルの店舗であれば「最新のファッショントレンド」や「季節ごとの着こなし例」などを紹介すると、ユーザーに喜んでもらいやすいでしょう。

逆に、商品の売り込みばかりをするLINE公式アカウントでは、すぐにメッセージを読んでもらえなくなってしまいます。

売り込みはできるだけ少なくしたうえで、メッセージ内容は読者の興味・関心に合わせましょう。

クーポンやお得情報を届ける

開封率を上げるためには、クーポンやお得情報を届けることも有効です。

「メッセージを見れば得できるかもしれない」と感じさせることで、メッセージを開封してもらいやすくなります。

LINE公式アカウントには、デジタルクーポンを発行できる機能が標準で搭載されています。

クーポンをうまく使うことで、開封率を上げるだけでなく、店舗への訪問を促すことも可能です。

定期的にクーポンやお得情報を届けて、メッセージを開封することをユーザーの習慣にしてもらいましょう。

月に2~4回程度の頻度で送る

メッセージは月に2~4回程度の頻度で送ると、開封率が上がりやすくなります。

あまりにメッセージが多いと、ユーザーに迷惑だと思われてしまいますが、月に2~4回程度なら問題ない場合が多いからです。

LINE公式アカウントのサイトでも「運用テクニック」として、「月に2~4回のメッセージ配信」が推奨されています。
(参照:https://www.linebiz.com/jp/column/technique/20180703-01/)

とくに運用を始めたばかりの時期には、張り切って週に何度もメッセージを送ってしまいがちです。

ユーザーの負担を考えて配信頻度を抑えることで、メッセージを開封してもらいやすくなるでしょう。

【メルマガ2.0】ファンを作りセールスを成功させる

必要な信頼残高を貯めるメルマガライティングの方法

必要な信頼残高を貯める

メルマガライティングの方法

ファンが作られるメカニズム

セールスに欠かせない信頼残高という概念

信頼残高を貯める書き方

メールでセールスを成功させるコツ

メルマガライティングの基礎中の基礎を27ページに渡って解説しているものです。ぜひ貴社のメールマーケティングにもご活用ください。