AIをWebマーケティングで活用して得られる効果とメリットとは?

さまざまな分野でAIの導入が進んでいます。

今後も、この流れは続いていくはずです。

特に、Webマーケティングの世界では、AIを無視することができなくなっています。

なぜなら、WebマーケティングにAIを導入することで得られる効果は、とてつもなく大きなものだからです。

その効果が次のもの。

  • 最適な広告を用いて効果の最大化を目指す。(ユーザーの属性、閲覧ページ、購買履歴など、さまざまな指標に応じて最適な広告と表示するタイミングを選択する)
  • 素早いスピードでアクセス解析を行い、課題と改善策を導き出す。(アクセス解析データを人工知能が分析することで、最適な答えを導き出す)
  • 機械学習により、ユーザーの検索意図を正確に理解する。(AIの機械学習が、ユーザーの検索意図を正確に理解することで、検索時の上位表示を目指す)
  • 煩雑な作業を自動で行う。(手作業で行っていた集計を自動で行い、業務の効率化を目指す)

つまり、AIの導入により面倒な作業を省略するだけでなく、効果の最大化を目指すことができるということ。

これにより、Web担当者やマーケターは、よりクリエイティブな仕事に注力することが可能になります。

一つ上のWebマーケティングを目指すのであれば、AIの導入を検討してみましょう。

WebマーケティングとAIの親和性

さまざまな業界で導入が進んでいるAIですが、Webマーケティングとの親和性は非常に高いと言われています。

ここでは、WebマーケティングとAIの親和性の高さを二つの視点から説明していきます。

広告効果の最大化を目指せる理由

Web広告の代表的なものにリスティング広告があります。

簡単に少額から始められるという点でも人気があり、利用している企業も少なくありません。

しかし、効果を得るためには入札に気を配る必要があります。

なぜなら、入札結果によって、効果に大きな差がでるからです。

リスティング広告で高い効果を手に入れるためには、広告パフォーマンスを把握し、状況に応じた対応が必要になります。

そして、これはそれほど簡単な作業ではありません。やはり、それなりの時間と労力が必要になってくるのです。

しかし、AIを導入すれば状況は大きく変わります。

なぜなら、面倒な作業をAIが代行してくれるのはもちろん、ミスなく迅速に状況を分析し、最適な対応を示してくれるからです。

データ収集と分析。

これは、AIが最も得意とする分野です。

しかも、処理速度は手作業とは比較にならないほどのスピード。

目まぐるしいスピードで進化していくWeb世界で、このスピードは大きな武器になるはずです。

精度の高いアクセス解析が可能

Webマーケティングにおいて、アクセス解析は必要不可欠なものです。

同時に、かかる時間と労力も決して小さなものではないという問題がありました。

しかし、アクセス解析にもAIを導入することで時間と労力を大幅にカットすることが可能になります。

基本的にアクセス解析は手作業で行われてきましたが、膨大な工数、必要な人員、ミスが起こるといった問題もあり、多くの人を悩ませてきました。

しかし、AIを導入すればアクセス解析を自動で行うことが可能になります。

つまり、手作業で行っていた時の問題をすべて解決できるということ。

工数を省略することで人員を削減でき、その上、ミスも起こらない。

マーケティング担当者は、よりクリエイティブな作業に労力を割くことが可能になります。

この状況を考えると、AIとWebマーケティングの親和性は非常に高いことがご理解いただけるはずです。

AIの得意分野を理解する

ここまで、AIとWebマーケティングの親和性が高いことを紹介してきました。

ここからは、AIの種類とそれぞれの得意分野を紹介して、AIに任せるべき業務について説明していきます。

AIの種類を理解する

一括りにAIといっても、実はいくつかの種類に分けることができます。

それが、次のものです。

  • 実行型AI
  • 識別系AI
  • 会話系AI
  • 予測系AI

では、順番に紹介していきます。

実行型AIとは、人間の代わりに業務を実行するAIのことです。

最近注目されている自動運転や自動飛行型のドローンに搭載されていることで知られています。

識別系AIとは、データ情報をもとに自動で識別を行っていくAIのこと。

工場における不良品の振り分けなどに使用されています。

最近では、人間でも見極めるのが難しい小さな違いの発見も可能となり、CTやMRIにおける診断にも使用されています。

会話系AIとは、名前の通り会話機能に特化したAIのことです。

スマホに搭載されているので、私たちにとっても身近な存在だといえるでしょう。

有名なところでは、AmazonのAlexaやアップルのSiriなどがあります。

予測系AIとは、大量のデータを基に予測していく機能を持つAIのことです。

膨大な顧客データを基に、顧客の行動を予測するだけでなく、商品やサービスの需要を予測することも可能です。

AIに任せるべき業務とは

AIには種類があり、それぞれの特性があることを紹介してきました。

実際にAIに任すことができる業務には、どのようなものがあるのでしょう?

ここでのポイントが、先程も紹介したAIの特性にあります。

例えば、会話系AIを導入すれば、カスタマーセンターへの問い合わせ前に簡単なやり取りが可能になります。

簡単な問い合わせであれば、AIとのやり取りで解決するケースもあるでしょう。

そうなれば、カスタマーセンターの人員と労力を削減することが可能です。

また、予測系AIを導入すれば、膨大なデータを基にした予測が可能になります。

膨大なデータを積み上げて分析を行い、精度の高い予測を導き出す。

もちろん、AIを導入すればすべて自動で行うことが可能です。

収集分析予測、これらは、AIが最も得意とする分野です。

この点に関しては、AIの方が人間より勝っていると言っても過言ではないでしょう。

AIマーケティングの未来

ここまで読んで、AIの導入を検討し始めている方もいるかもしれません。

しかし、中にはまだ半信半疑という方もいらっしゃるでしょう。

そこで、ここではAIマーケティングの未来について紹介していきます。

AI進化の未来

今後、AIはさらに進化を続けていきます。これは、動かしようのない事実です。

なぜなら、世界中でAIの研究がすすめられ、次々と実用化されているからです。

そのため、今後は更なる進化が予想されます。

近い将来、クリック率が高い広告コピーやデザインを作り出すことも可能だと予測されているほどです。

また、現在は大量の個人データを一つのデータとして扱い、消費者の行動を予測していますが、よりミクロなデータ収集を行っていくことも可能になると考えられています。

そうなれば、より精度の高い予測を行い、最も効果的な広告を打ち出すことも可能になるでしょう。

これまでのようにマクロな視点ではなく、ミクロなマーケティングを行うことで、さらなる成果が期待できるようになるかもしれません。

そういう意味では、これまでのマーケティングの在り方を変えてしまうほどの可能性を秘めているといえるでしょう。

データの蓄積でより大きな効果を得られる

データは多ければ多いほど武器になります。これは、マーケティングの基本です。

そして、それはAIを導入しても変わりません。変わらないどころか、より重要になってくるはずです。

大量のデータを基に、効果的な戦略を考え、実践していく。

AIを導入すれば、手作業の時とは比べ物にならないほどのスピードでPDCAを行うことが可能です。

AIの導入を検討しているのであれば、これらの事実を踏まえ、早期の意思決定を行う必要があるかもしれません。

【メルマガ2.0】ファンを作りセールスを成功させる

必要な信頼残高を貯めるメルマガライティングの方法

必要な信頼残高を貯める

メルマガライティングの方法

ファンが作られるメカニズム

セールスに欠かせない信頼残高という概念

信頼残高を貯める書き方

メールでセールスを成功させるコツ

メルマガライティングの基礎中の基礎を27ページに渡って解説しているものです。ぜひ貴社のメールマーケティングにもご活用ください。