ナーチャリングのメールの有効性や特徴と例文はこちら!

ナーチャリングは、見込み顧客を育成して商品を購入する状態に導くことや、既存顧客のリピーター化を目的として行います。

なかでもメールを使ったメールナーチャリングは、低コストで運用でき、多くの見込み顧客にコンタクトが可能なことから、高い効果が期待できます

メールナーチャリングは、大きく分けてメルマガとステップメール、セグメントメールに分類されます。

メルマガは、企業が伝えたいタイミングで、ユーザーに向けて一括メールを配信する方法です。

大勢のユーザーに向けて、最新情報や有益な情報を定期的に配信するため、継続的な関係性強化を目指せます。

ステップメールは、ユーザーのアクションを起点として段階的に情報を伝え、育成する配信方法です。

シナリオに沿って徐々にユーザーの興味関心を育成し、高いナーチャリング効果が期待できます。

セグメントメールでは、ユーザー属性や行動履歴によりセグメント分けし、よりニーズが高いユーザーに限定した情報配信を行います。

情報を必要としているユーザーにピンポイントで伝えられるため、配信効果の高さが特徴です。

メールナーチャリングを実施する際には、メルマガやステップメール、セグメントメールを上手に組み合わせて活用しましょう。

メールナーチャリングのポイントや特徴を、例文と共に解説します。

参考にしながら効果的なメールナーチャリングに取り組みましょう。

メールナーチャリングの有効性

ナーチャリングは、「顧客育成」を意味するマーケティング用語です。

見込み顧客を育成して商品を購入してくれる状態に導くことや、既存顧客のリピーター化を目的として行う手法のひとつです。

マーケティングにおいては、新規顧客の獲得と並行して、既存顧客の育成も欠かせません。

既存顧客は、過去に自社製品に興味を持ち、購入や資料請求などのアクションをした経験があるユーザーです。

そのため、新規顧客に比べて心的距離が近く、成約にかかるコストを抑えながら効率的に成果を出しやすい特徴があります。

ナーチャリングのマーケティング効果については、こちらの記事で詳しく解説しています。

ぜひ、併せてご確認ください。

ナーチャリングに用いる手段には、メールやSNS、ブログ、広告、セミナーなどがあります。

なかでもメールを使ったメールナーチャリングは、低コスト運用が可能な点や、不特定多数ではなく見込み顧客に向けたマーケティングが可能である点から、高い効果が期待できます。

メールナーチャリングは、定期的なメール配信により顧客との関係性を構築する、中長期的な施策です。

徐々に関係性が構築されるため、特に企業向けのサービスや高価格帯の商品など、検討期間が長い商品に向いています。

現代はユーザーの身近に多くの商品があふれており、知りたい情報はインターネットを使って簡単に収集できます。

そのため、購入意欲が強くなった段階で自社製品を思い出してもらうためには、継続的な関係性構築が重要です。

自社が持つノウハウや独自の知識を伝え、ユーザーに有益な情報を定期的に配信することで、「自分が信頼している企業・製品である」との認識を獲得できます。

メールナーチャリングによってユーザーの興味関心を徐々に育成し、自社製品への関心や信頼を強化しましょう。

メールナーチャリングの種類と目的

メールナーチャリングには、大きく分けてメルマガとステップメール、セグメントメールの3種類があります。

配信する情報の性質や対象となるユーザー、配信目的などに合わせて、使い分けることが有効です。

メルマガ

メルマガは主に、一斉配信によって大勢のユーザーにアプローチする場合に用いられます。

企業が送りたいタイミングで配信する、1通完結型のメールです。

メルマガは、最新のセール情報やセミナー開催のお知らせなど、大勢のユーザーにとって有益な情報を配信しましょう。

定期的な情報発信により、ユーザーとの関係性を継続し、強化する効果があります。

ステップメール

ステップメールは、商品購入や資料請求などといったユーザーからのアクションを起点とし、連続で配信するメールです。

個別のユーザーごとに、事前に組んだスケジュールに沿って、複数のメールを自動で配信します。

ユーザーの知識や興味関心を、ストーリー性を持たせたメールで徐々に高めるため、高い育成効果を期待できます。

セグメントメール

セグメントメールでは、ユーザーを属性や行動履歴によって分類し、それぞれのニーズに合わせた情報を配信します。

ユーザーニーズに合わせた最適な内容のメールを配信するため、開封率やクリック率といった配信効果の高さが特徴です。

メールナーチャリングの例文を紹介

メールナーチャリングを実施する際のポイントと例文を紹介します。

メルマガやステップメール、セグメントメールを利用する際は、単体で活用することにこだわる必要はありません。

メルマガからステップメールやセグメントメールに切り替えたり、併用したりする方法が有効なケースもあります。

ユーザーを育成し、自社とユーザーとの関係性を構築するために、ポイントを押さえて効果的に利用しましょう。

メルマガのポイントと例文

メルマガは、企業の最新情報について一斉配信する際に利用します。

ユーザー全体に向けたセール告知や、キャンペーン案内などを配信しましょう。

メルマガの内容は、一部ユーザーしか興味を持たない情報ではなく、ユーザー全員に喜ばれる情報に限定することが重要です。

興味関心のないメルマガ配信が続くと、ユーザーの離脱につながります。

特定ユーザーに限定したアプローチをしたい場合は、ステップメールやセグメントメールを利用してください。

またメルマガは、企業が届けたいタイミングで、最新の情報を届けられることが特徴です。

そのため、メルマガ以外のメールナーチャリング手法と組み合わせて活用することで、より有効性が高まります。

たとえば、メルマガでセミナー開催情報を配信し、メルマガ内に設置したURLをクリックしたユーザーに向けてセグメントメールを配信するなどといった使い方も可能です。

メルマガの例文を紹介します。

例:セミナー開催の案内今回は、毎年ご好評をいただいている「〇〇力アップセミナー」についてご案内します。

「〇〇力アップセミナー」は、〇〇の作成方法や〇〇のテクニックを、〇〇を交えながら詳しく紹介します。

〇〇の知識がない方も安心して受けられるため、ご好評をいただいているセミナーです。

参加ご希望の方はお早めにお申し込みください。

こちらのセミナーはオンライン開催のため、全国どこからでもご参加いただけます。

セミナーに関する詳しい情報は、下記URLよりご確認いただけます。

(URL添付)

皆様のご参加を、心よりお待ちしております。

ステップメールのポイントと例文

ステップメールは、複数のメールをシナリオに沿って配信し、段階的にユーザーを育成します。

ステップメールでのナーチャリングのポイントは、事前のペルソナ設定とシナリオ作りです。

まずは、ユーザーの現在の状態や悩みを把握し、ニーズを分析しましょう。

最終的にとってもらいたい行動を具体的に設定し、逆算して1通ごとに伝えるシナリオを設定してください。

ステップメールは、ユーザーの興味関心を段階的に引き上げることが大切です。

そのため、1通に多くの情報を詰め込む必要はありません。

メールを読むユーザーを置き去りにしてしまわないよう、段階的に丁寧に伝えることがポイントです。

ステップメールのシナリオ作成時のポイントは、こちらの記事で詳しく解説しています。

併せてお読みください。

ステップメールの例文を紹介します。

例:自社製品を購入したユーザーに、機能追加や他製品の購入検討を促すシナリオ【1通目】

先日は〇〇をご購入いただき、誠にありがとうございました。

その後、〇〇のご利用状況はいかがでしょうか?

〇〇を使用する際にご不安や疑問点がございましたら、弊社担当の〇〇までお問い合わせください。

本日は、先日ご購入いただいた〇〇の導入事例と、活用方法をまとめた資料をお送りします。

ご購入いただいた〇〇を最大限活用するために、大変役立つ資料です。

ぜひダウンロードしてご活用ください。

弊社は、〇〇や〇〇のお悩みに役立つ製品を幅広く取り扱っております。

次回のメールでは、〇〇に有効なお役立ち情報や製品を紹介します。

【2通目】

本日は、〇〇の課題解決に高い効果がある〇〇を紹介します。

〇〇の課題解決には、〇〇が有効です。

以下の弊社サイトでも詳しく解説しておりますので、あわせてご覧ください。

(URL添付)

また、現在ご利用いただいている〇〇に弊社のオプション機能である〇〇を追加することで、〇〇の課題解決に役立つ下記機能をお使いいただけます。

・〇〇機能

・〇〇機能

追加機能に関しては以下の資料で詳しく紹介しています。

ぜひご検討ください。

(URL添付)

次回は〇〇でお悩みの企業様に好評をいただいている、〇〇トラブルへの対策資料をお送りします。

事前のトラブル対策としても有効な情報ですので、次回を楽しみにお待ちください。

ポイントのみを抜き出して記載しましたが、特に重要なのは下記2点です。

  • ユーザーに有益な情報を伝えること
  • 次回への期待を持たせること

3通目からも関心を引く内容を伝えつつ、一貫したシナリオに沿って、メールを配信してください。

情報を段階的に伝えてユーザーを育成し、購入などの最終目的まで導きましょう。

セグメントメールのポイントと例文

セグメントメールは、ユーザーごとに関心度合いが違う内容について配信する際に便利です。

ユーザーを年齢や業種などの属性、購入や閲覧などの履歴によって細分化し、特定のユーザーに向けて情報を配信します。

たとえば、以前配信したメルマガのURLをクリックしたユーザーや、特定業種のユーザーに限定し、キャンペーン情報を届けることも可能です。

セグメントメールは、メールを受け取った一人ひとりのユーザーに「自分あてのメールだ」と認識してもらうことがポイントです。

セグメントごとにユーザーが求めている情報や関心の高い情報を分析し、ニーズに適した内容を配信することで、効率のよいナーチャリングにつながります。

セグメントメールの例文を紹介します。

例:自社サイトで資料をダウンロードしたユーザーに向けた、限定キャンペーンのご案内先日は、弊社ホームページから資料をダウンロードしていただき、ありがとうございました。

現在、〇〇の資料をご覧になったお客様だけに、「セミナー参加費50%割引」の限定キャンペーンを開催しております。

3カ月間限定のキャンペーンとなりますので、この機会にぜひご利用ください。

キャンペーン期間:〇月〇日~〇月〇日

開催セミナー一覧:下記URLよりご確認ください。

(URL添付)

【メルマガ2.0】ファンを作りセールスを成功させる

必要な信頼残高を貯めるメルマガライティングの方法

必要な信頼残高を貯める

メルマガライティングの方法

ファンが作られるメカニズム

セールスに欠かせない信頼残高という概念

信頼残高を貯める書き方

メールでセールスを成功させるコツ

メルマガライティングの基礎中の基礎を27ページに渡って解説しているものです。ぜひ貴社のメールマーケティングにもご活用ください。