自動クリーニング機能とは?

2020年4月13日

メルマガを送ったあと「あれ?配信数と読者数が一致しない?」と不思議に思ったことはありませんか?

 

オレンジメールでは、システム全体で届きにくいメールアドレス(エラーメール)のリストを管理しています。
配信数と読者数が一致しないケースは
そのメールアドレスが過去にエラーメールとなったため、配信を一時的に除外している状態です。

この機能は、オレンジメールの到達率向上施策の1つ「自動クリーニング機能」といいます。

 

自動クリーニング機能とは?

過去にオレンジメールからメール配信したものの
メールが届かなかったメールアドレスを自動的に配信除外します。

1度届かなければ、ずっと送らないということではなく、
しばらく間をあけて、届くかどうか?チェックを行っております。

 

配信除外数を確認するには?

配信ログには「詳細表示」というモードがあります。
ここにチェックをいれると詳しく情報が確認できます。

 

ブラックリストとは?

配信除外になる理由はもう1つ存在します。
それは読者がメール受信を希望していないケースです。

読者がメール本文に記載された「読者解除URL」にアクセスすると
以下のようなページに飛びます。

このページで
「このメルマガを二度と受信しない」
「この配信者のメールを二度と受信しない」
にチェックをいれて読者解除した場合、システムのブラックリストに登録されます。

読者メールアドレスがブラックリストに登録されている場合は
読者一覧に当該メールアドレスが存在しても、システムにより「配信除外」とします。

 


お問い合わせは、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

記事はいかがだったでしょうか?
ご意見・ご感想をお聞かせください




Powered by このフォームは『オレンジフォーム』で作成しています