オレンジメール

大量のメールアドレスを配信していると、メールの到達率が激減します。 また、エラーメールアドレスをクリーニングすることで、 メールの配信費用を節約することができます。 1回の投資で何倍にもなって帰ってくることがほとんどです。 月額費用10万円×12ヶ月=120万円 エラーメールアドレスクリーニング費用5万円+月額費用6万円×12ヶ月=72万円 ⇒上記の例で、年間48万円もの節約をすることができます。 【1】データベースクリーニング 過去、エラーになったメール ...

オレンジメール

オレンジメールクリーニング(OMC) 当社では、エラーメールアドレスのクリーニングサービスを提供しています。 ※現在、PCのメールアドレスは非対応、携帯キャリアのメールアドレスのみ対応となります。   ■超強力なダブルクリーニング ステルス方式+データベース方式 ・データベース方式 過去の送信NGデータを高速で照合します。 お客様がおもちのNGデータをデータベースに入れ照合したり、 お客様がご利用されたステルス後のNGデータを対象に照合することも ...

オレンジメール

メールが実際に届くかどうかは、大きく次の3つの要素により決定されます。 ●エラーメール率(バウンス率) ●苦情率(コンプレイン率) ●コンテンツの質 これらの3つの要素を考えて、メールを送信することで、あなたのメールをより届かせることができるようになります。 1つずつ、順番に解説していきましょう。 ●エラーメール率(バウンス率)  エラーメール率(正確にはバウンス率)は、メールが届くかどうかにおいて、非常に大きな要因となります。 懸賞で購入したアドレスなど ...

オレンジメール, よくある質問

■関連するFAQ オレンジメールのメール到達率向上対策 メール配信時の対策 差出人アドレス(From)に、Yahoo!、Gmail、Hotmailなどのフリーメールを使わない。 差出人アドレス(From)に、@niftyなどの大手プロバイダのアドレス、独自ドメインを使用する。 メールの件名や本文に、スパムメールに書かれいるような用語を使わない。   運用での対策 エラーメールアドレスを解除する。(オレンジメールの場合、エラーメールの処理は「自動」 ...